「心理士コラム」コロナうつと体内時計

みなさん、コロナうつという言葉はご存知でしょうか。
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、世界でうつや不安障害の症状を訴える患者が急増しているようです。いつ終息するか分からない、ゴールの見えない不安感は心を少しずつ消耗させていきます。
心の健康を守るためにできることを考えてみましょう。
日本うつ病学会は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行下における、健康維持のコツ」として、体内時計がスムーズに動くよう、規則正しい生活を送ることが重要であると提言しています。
テレワークや在宅ワークになった方は特に生活習慣が乱れやすくなっているかもしれません。体内時計の乱れは心の健康にも影響を及ぼします。 体内時計がスムーズに動くよう、規則正しい生活を送ることが重要になります。 そこで、生活習慣の乱れを防ぐために自分自身で日課を作り実践することが一つの予防策として挙げられます。 起床、食事、睡眠時間などは毎日同じ時間にすることが効果的です。特に起床時間を厳守することは不眠予防に大変効果的です。 上記を実践することで体内時計の乱れを防ぐことができます。
コロナの苦しい時期を乗り越えたことは確実に自信につながります。不安な事があれば当院でなんでも相談してくださいね。
タイトルとURLをコピーしました